自分で水のトラブル解決ができない時の秘策

トイレ、キッチン、洗面所と家の中は水を使う場所がいくつかあります。しかも毎日のように使用する場所ですから水漏れも起こりやすくなります。キッチンで水漏れが起こりやすい箇所は、蛇口とシンク下の排水管です。

洗面所でも同じ水漏れが起こりやすいのは、蛇口の部分と排水管の部分です。このあたりは水漏れが起こっていないかどうかを定期的にチェックしておくといいでしょう。

トイレの水漏れが起こりやすいのは、床やトイレタンクからです。これらの箇所から水漏れが起こりやすくなっていますので、定期的に水漏れが起こりそうな箇所を調べておくといいでしょう。

水漏れの主な原因は老朽化と破損です。パイプや水道管も劣化していきますし特に使用頻度の多い水周りのそれは劣化しやすいのです。他にもダメージを強く受けることで水道管が水漏れすることもあります。

もしも水漏れを起こしてしまったらできるだけ速やかに水漏れを起こしている箇所を特定して水を止めることが重要になります。

水漏れを起こしている箇所が特定できない、水漏れ箇所を特定できても水漏れを止めることができないときも出てくるかと思います。

そんなときは止水栓を停めてしまいましょう。止水栓とは水が流れてくる大元でありこれを停めてしまうと家庭で使用している水が全て使えなくなります。その後で業者を呼んで水漏れ箇所の修理をしてもらうことをおすすめします。