飲食店の排水口詰まりは致命的な出来事

飲食店の排水口の詰まりというのは、致命的な出来事といえるでしょうね。というよりは、プロとして失格に値する大問題なのかもしれませんね。ただし私自身、飲食店で働いた経験がないので何ともいいようがないのですが、実際のところともなると、よく私が行く餃子の王将の厨房では、たまに排水口が詰まったりしているのかもしれませんね。そんないい加減なことをいってしまって、餃子の王将さんには大変申し訳ないのですが、そうした全国規模のチェーン店などでは、そうした厨房ではありがちなトラブルについてはすでにマニュアルのような類のものが各店舗に配布されており、対策済みなのではないかとも思いますね。ただし、個人経営の飲食店ともなると、当然のことながらそんなマニュアルはないので、排水口の詰まりも日常茶飯事なのかもしれませんね。それに例えば一般家庭の主婦でも、キッチンの排水口が詰まるというトラブルはよくあるということなので、例え料理のプロとはいっても料理には手抜きがなくても、排水管のメンテナンスまでは注意が行き届いていないのかもしれませんね。

それから、飲食店のようなお客さん商売のお店の場合には、従業員だけが使う厨房よりもトイレなどは詰まりやすいかもしれませんね。何せトイレともなると、いろんなお客さんが使う場所でもあるので、きっとあり得ない話ではないでしょうね。例えば、大便やトイレットペーパーを大量に流した場合でも、排水の流れが悪くなることがありますからね。ただし、ウォシュレットが普及するようになってからは、トイレットペーパーを使う量も少なくなりましたね。従って、その分トイレが詰まるというリスクも少なくなったということもいえるでしょうね。話が逸れてきましたが、トイレにしろ厨房にしろ、飲食店ともなると一般家庭とは違って、利用する頻度が多くなるので、その分排水管のメンテナンが重要なポイントとなってくるでしょうね。