洗面所の排水管が壊れて業者にお世話になった

以前の出来事なのですが、洗面所の排水管が壊れてしまうというトラブルが起こることがありました。なぜこのようなトラブルが起こったのかは全くわかりませんが、この排水管が壊れるという出来事から、初めて業者にお世話になる経験をすることができました。普通の生活をしていれば、それほど水道業者のお世話になることはないので、ある意味で自分としては良い刺激になったと思います。

業者さんがうちにきた時に、なぜこのような排水管の破損が起こってしまったのかを質問してみたところ、色々と詳しく教えてくれました。その教えてくれた内容についてはうろ覚えですのではっきりとは再現できませんが、確か排水管が数年使用されていることから水圧によって排水管に微々たるダメージが加わっており、そこから亀裂が発生したということを説明してくれた記憶があります。そしてしっかりとした説明を行ってくれるだけではなく、その排水管の修理についてもかなり早く、そして確実に行ってくれました。

排水管の修理手順はシンプルで、ただ排水管そのものを新しいものに変えるということでした。しかし、そのシンプルな作業だからこそかなり難しいことが伺え、なかなか修理するのは大変なんだろうなと思っていましたが、私が思っているよりも簡単にその修理が進んで行っていましたので驚きました。そして最後に修理にかかった費用をお支払いする時にもある驚きが。それは修理費用がかなり安かったということ。普通、このような専門の業者に依頼をして配管の交換を行ってもらうと最低でも1万円くらいは必要かなと思っていたのに、トータルの修理費用は8000円でいいということを言われましたので、その点についても業者って凄いなな思わされました。

水のトラブルが起こらない限り業者にお世話になることはないでしょう。私は幸いか、不幸中の幸いと言うべきか、業者のお世話になるという経験をすることができました。